母乳の質で赤ちゃんの便秘が解消される?

よくお母さんが食べたものが、母乳の質に影響を与え、赤ちゃんが便秘になったり、便秘が解消された。という話が出ます。

 

これ、本当なのです。

 

どんな母乳だと便秘になりやすいのか、どんな母乳だと便秘が解消され快便になるのか、詳細を知って赤ちゃんに楽をさせてあげましょう!

 

赤ちゃんの便秘解消法はコレ!

そもそも母乳に「質」なんてあるの?

母乳は単なるミルクじゃないの?と思っている方がたくさんいると思いますが、母乳は母乳でも、ドロドロしていたり、サラサラしていたり、薄かったり、濃かったり、質があるのです。

 

ドロドロの母乳には脂肪分が含まれていますので消化しにくく、それを飲んだ赤ちゃんは消化不良を起こし便秘になりやすいといわれています。
また水分量も少ないことも原因の一つです。

 

「母乳=血」のようなもので、ドロドロになる原因は、お母さんが食べている食べ物が原因ということになります。
つまり、お母さんが脂っぽい食べ物を食べていたら母乳の質が低下し、赤ちゃんの消化機能に負担をかけ、便秘になる、これが原因なわけです。
他にも脂っこい物や肉類をたくさん食べていると、乳腺炎にもなる可能性があるので気を付ける必要があります!

 

私もドロドロの牛乳は飲みたくないです。。。そんなドロドロした物をわが子にあげたいですか?
私は絶対に嫌です!食事を見直してサラサラした母乳を与えることができるように心がけましょう!

 

便秘に良いといわれているヨーグルトを摂ればいいの?

では、お母さんが便秘にならないように心がけている乳製品(ヨーグルト等)や食物繊維をたくさん摂れば、新生児にも影響を与えるのか?という疑問ですが、YESかNOかで答えると、答えは「NO」になります。

 

乳製品や食物繊維がそのまま母乳として出てくるわけではありません。
前述しましたように、脂っこい食べ物を食べてドロドロした母乳はNGです。したがってドロドロにならないような食べ物を食べるといいわけです。その中の一つとして乳製品や食物繊維は効果がありますが、脂っこい食べ物を食べてはダメなわけです。

 

乳腺炎にならないような食事がおススメです。
質の良い母乳を作る食事については次のページで説明します。