新生児でも下痢になる?

よく新生児はママの抗体で守られていて、免疫があるから病気にならないといわれており、
確かに病気になりにくい体質でもあります。一般的には、生後4ヵ月頃まで効果があると言われています。

 

しかし帝王切開で産まれた赤ちゃんや、免疫があるからといって必ずしも病気にならないわけではありません。

 

便秘や下痢はほぼ病気ではありせん。下痢は赤ちゃんの胃腸がまだ整っていないから水っぽくなるわけであって。
便秘も同様で、整腸がうまくいかないから便秘にあるのであって。

 

あーまた便がゆるい。
あー、また背中の方までうんちが流れちゃったよ。

 

そんな経験しょっちゅうですよね。
そのくらいであれば全然平気なのです。

 

下痢に伴って起きる別の症状を気にしてみてあげてください。
例えば、嘔吐、や発熱。
もしかしたらロタウイルスにかかっている可能性もあります。

 

またうんちの色が白色の場合は、ウイルスに侵されている可能性があります。
早急に病院に連れていき、適切な対応を行ってください。

 

毎日、うんちを変えているママであれば、おかしいことに気づくかもしれませんが、たまにしか変えていないパパさんの場合は気づきにくいので注意gア必要ですね!!

 

新生児下痢

 

赤ちゃんの下痢で病院を受診するときの注意点は?

どのくらいであれば病院に連れていくか悩みますよね。
私は以下の点を気を付けています。
一つでも当てはまれば病院に連れていきます。

 

  • 繰り返し嘔吐し、ぐずっている
  • 発熱を伴ってぐずっている
  • 血が混じっている
  • 下痢が1週間以上続いている
  • 下痢から普段と違う異臭がする
  • 下痢の回数が増え、元気がなくなっている
  • うんちの色がいつもと違う(白色等)

 

どれも普段とは違いますからすぐ気づくと思います。
「こんなことで病院に行くなんて・・・」
と思わず、すぐに病院に連れていきましょう。あかちゃんは一人で病院に行きたくてもいけないのですから!!