赤ちゃんの便秘にはカイテキオリゴがおススメ

私も実際に購入して旦那と赤ちゃんと私で食べさせていただいています。
なぜカイテキオリゴがおススメかというと、公式ページを見てみるとわかると思いますが、私がオススメな理由を1つ挙げさせていただくと。

 

他のオリゴ糖商品にはない、複数のオリゴ糖を含んでいる!

 

からです。
複数のオリゴ糖を含んでいるとどうなるか。
一般的なオリゴ糖商品は1種類のオリゴ糖だけで作られています。
しかし善玉菌であるビフィズス菌は30種類以上もあり、それぞれ合うオリゴ糖、合わないオリゴ糖が存在し、合うオリゴ糖のみ仲良くなり、そして活性化しますが、一部だけです。これが複数のオリゴ糖がいれば、ほぼまんべんなくビフィズス菌と仲良くなり、そして活性化するわけです。
それがカイテキオリゴなのです!!

 

何をやってもダメだったのがウソみたい

↓腸内環境が整うから便秘を元から解消できる

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

 

 

カイテキオリゴの食べ方レシピと一日目安量

私が購入したパッケージには以下の説明が記載されていました!

赤ちゃんの便秘にはオリゴ糖

 

  • お好きなタイミングでたっぷりの水分と一緒に。
  • お好みでヨーグルトやコーヒーなどに混ぜて・
  • 甘さは砂糖の4分の1程度のほんのりとした甘さです。
  • お好みで量を増やしたり、減らしたりすることもできます。

 

私の場合は、お味噌汁に少し入れてみたり、野菜炒め等にも少しかけてみたり、とにかく何に入れても問題ありませんでした。
理由はほんのりとした甘さだからだと思います。
お味噌汁が甘くなったとか、そんなことは決してありません。
私の旦那は普通に食べていて、あとで「カイテキオリゴ入れたんだよ」といっても信じてもらえないくらいでした。
信じてもらえたのは、旦那がその日や次の日、快便になってからです!笑

 

赤ちゃんにも効果的で、便秘の回数も少なくなりました。

 

カイテキオリゴの成分

私が購入したパッケージには以下の説明が記載されていました!

赤ちゃんの便秘にはカイテキオリゴ

【原材料名】
ラフィノース、ミルクオリゴ糖、乳糖、セロオリゴ糖、ショ糖

 

【栄養成分表示】
〇100gあたり

  • エネルギー ..........207kcal
  • タンパク質 ..........0.0g
  • 脂質 ..........0.5g
  • 炭水化物 ..........93.1g
  • ナトリウム ..........3mg

 

〇付属スプーン1杯(5g)あたり

  • エネルギー ..........10.4kcal
  • タンパク質 ..........0.0g
  • 脂質 ..........0.03g
  • 炭水化物 ..........4.7g
  • ナトリウム ..........0.2mg

 

カイテキオリゴで赤ちゃんの便秘を解消させて、赤ちゃんの笑顔を取り戻しましょう!!

 

赤ちゃんの便秘の原因はコレ!