お母さんの便秘が赤ちゃんにうつるのか?

統計的に見ても母乳で育った赤ちゃんとミルクで育った赤ちゃんとでは、母乳で育てたほうが便秘になりにくいようですが。
では、お母さんが便秘の場合、赤ちゃんにもうつるのでしょうか?

 

どうしても赤ちゃんが便秘になった時、「確かに私も便秘だ!」と思うことがあるようですが。
結論から言うと

 

お母さんの便秘は赤ちゃんにうつらない

 

便秘という症状がうつるわけではありません。
お母さんの食べたものが母乳の元になり、そのまま赤ちゃんの栄養となります。しかしお母さんの食生活がそのまま赤ちゃんの食生活になる、というわけではありません。

 

では全く関係ないかというと、お母さんの便秘は少しは赤ちゃんの便秘に関係があるようです。

 

お母さんの食生活が母乳に影響を与え赤ちゃんにも影響を与える

赤ちゃんに食物繊維を摂らせたいからといって、お母さんが食物繊維をとっても、そのまま赤ちゃんに母乳を通じて食物繊維がいきわたる!ということはありません。
では、お母さんの食生活と赤ちゃんの便秘は関係ないのか。少しは関係があります。

 

便秘は腸にうんちがたまり、そしてたまったうんちから腐敗した有毒なガスや発がん性物質が発生します。
そのガスは血液中に溶けます。母乳はお母さんの血液!といわれているくらいですから、母乳にも影響を与え、その母乳を赤ちゃんが飲むとなると・・・健康に影響を与えるわけです。

 

それ以外にも、「赤ちゃんの便秘は母乳の質を見直すサイン」でも紹介していますが、脂っこい食べ物をお母さんが食べると、母乳はドロドロして、赤ちゃんの消化機能に負担をかけ、便秘になるのです。

 

つまり、お母さんの食生活が原因で便秘になるんです。

 

新生児の頃は、育児に手間がかかり、不規則な生活・ストレスを抱えるお母さんがほとんどなので、便秘になる人も多いようです。従って便秘対策をして大切な赤ちゃんにも悪影響を及ぼさないようにで、育児で大変な毎日でも、赤ちゃんのためにも自身の健康管理には気を付けましょう。

 

新生児の便秘解消法はコレ!