赤ちゃんの便秘を解消するオリゴ糖とは?

便秘に効くオリゴ糖!とたくさんのサイトやTVで言われていますが、そもそもオリゴ糖とは何かご存知ですか?
ちなみに、私は何かほとんど知りませんでした。
砂糖の一種?と考えたくらいです。(本当に知識が無かったのです)
そしてオリゴ糖といっても〇○等の中の一種類というわけではなく、オリゴ糖にも複数の種類があり、整腸作用以外の効果もあるんです!

 

ではオリゴ糖とは実際何なのか、詳しく説明します。

 

オリゴ糖・ブドウ糖・砂糖・でんぷん違いは?

オリゴ糖というからには、糖の一種だということはわかると思います。
ちなみに名前の由来ですが、オリゴとは「少ない」という意味で、別名少糖類ともいわれています。
では、糖の代表として知られているブドウ糖やでんぷんと何が違うのか説明したいと思います。

 

単糖類・少糖類・多糖類

単糖類・少糖類・多糖類という言葉をご存知ですか?ふつう知りませんよね?
管理栄養士国家試験には出るようですよ?持っている人ならそんなこと当たり前!ですかね。
〈正確には二糖類等にも分けられるここでは割愛)

 

単糖類とは、それ以上分解できない1つの糖からできている最小単位の糖類で、代表な糖が、「ブドウ糖」「果糖」になります。単糖類が多く含まれる食品はズバリ果物・はちみつになります。

 

少糖類とは単糖類分子が2分子・3分子・・・としてできている糖のことを言い、代表な糖が、「オリゴ糖」です。二糖類の代表な糖は「さとう」になります。

 

多糖類とは多くの糖と食物繊維が連結してできたもので、「でんぷん」等が有名ですね。

 

つまり、オリゴ糖は単糖類と多糖類の中間ということになります。

 

単糖類とオリゴ糖の違い

単糖類はすぐに消化吸収されてしまう単糖類は、血糖値を急上昇させ、脂肪蓄積ホルモンであるインスリンの分泌を促進してしまいます。血糖値を急上昇させたら何が悪いかはご存知ですよね。
オリゴ糖は体にオリゴ糖を分解するための酵素がないため、
胃や小腸で分解されず、そのまま大腸に届けられるという性質を持っており、この性質ががオリゴ糖の健康効果を支える重要な役割を担っているのです。

 

新生児赤ちゃん便秘解消法